クラシック音楽の演奏と歯の話

ポーランドの首都ワルシャワで行われたショパン国際ピアノコンクールで、反田さんが日本人では50年ぶりに2位になったという報道がありました!そこで今回は、クラシック音楽と歯の健康についてのお話をします。

クラシック音楽にはホルンやフルートなどの吹奏楽器も使われますが、若いうちから吹奏楽の楽器演奏をしていると、歯にも力が加わり、長く続けていくうちに歯並びが悪くなると言います。一般的には数週間から1、2か月もすれば歯の矯正装置を付けての演奏にも慣れるとのことですが、演奏中の繊細な振動まで気になる方の中には、就寝中にマウスピース型の矯正装置を着けるだけの人もいるそうです。

ちなみにピアニストと歯の矯正の話を調べてみましたが、実際に矯正した方の経験談からすると「ステージ上での見た目のため」というのが主な目的でした。ピアノ演奏はオーケストラの一人ひとりと比べて、注目度が段違いですからね…。

プロのピアニストを目指す方や、見た目が関係する仕事をしている方は、ぜひホワイトニングをお試しください!

おすすめの記事