歯磨きなどの口腔ケアは、かぜやインフルエンザの原因であるウイルスの付着を防ぐことがわかっています。
新型コロナウイルスの原因でもあるウイルスもインフルエンザウイルスと同様に付着するタイプなので、
適切なケアをすることは、新型コロナ感染対策にもなるのです。

もちろんコロナだけでなく、虫歯や歯周病もお口の中の細菌の増殖が原因となり悪影響を及ぼします。
予防のためには1日に1度就寝前に歯と歯茎の間を丁寧に磨くことが効果的とされていますが、
さらに磨き残しをゼロに近づけるには毎食後に歯磨きの習慣をつけるのが良いそうです。
これもただ雑に磨くのではなく、歯と歯茎の間を丁寧に磨くことが大切です!

さらに効果が期待できるのがホワイトニングです!
当院でも使用している光触媒の作用を利用したホワイトニングは、歯の表面の付着物(汚れや細菌)
を浮きあがらせ、浮かせた汚れを落としながら歯の表面をコーティングします。

コーティングされた歯は汚れの再付着を防止するため、
歯磨きと合わせるとさらなる感染予防効果が期待できますね!

※職場や学校で歯磨きをする際は、歯磨きによる飛沫に気を付けて磨きましょう!

おすすめの記事