女性ホルモンと歯周病の関係

NPO法人日本臨床歯周病学会によると、
歯周病の原因菌の中には、女性ホルモンに引き寄せられるものがあると言います。そのため、男性よりも女性の方が歯周病になりやすいそうです。

また、女性は男性と比べて唾液が少ない人が多く、口内環境が悪化しやすいと言われています。特に生理前にはホルモンの変動を受けやすく、歯茎が腫れやすくなる人もいます。

さらに、他の記事でも書かせていただきましたが、妊娠期の歯周病は早産や低体重児のリスクも上がるので、口内を清潔に保つことが推奨されています。
また、更年期を迎えると女性ホルモンが減って骨密度が低くなり、歯茎がやせてしまうことや、口が渇きやすくなったりして歯周病になりやすくなります。

歯周病菌を防いで歯を健康に保つために、ぜひホワイトニングをご活用ください♪

おすすめの記事