夏は歯周病になりやすい?

 

 

連日の暑さでまいっているかたもいるのではないでしょうか。夏は暑さでたくさん汗をかきますよね。

実は体から水分がなくなることで、口の中も乾燥しています。歯の表面が乾燥していると、虫歯ができやすくなったり、着色しやすくなったり、口の中の細菌が増える原因になってしまいます。

夏は水分補給はもちろん、こまめに歯磨きやうがいをすることが大切です。

また、この暑さで夏バテしている方も要注意。

食欲が無かったりだるさなど倦怠感がある方、体調不良で免疫力が落ちている時は唾液の分泌量も少なくなります。唾液は洗浄作用や抗菌作用があるため、分泌量が少なくなってしまうと歯周病菌も増えてしまいます…。歯周病は自覚症状を感じにくいので、不安な場合は早めに歯医者さんへ行くことをお勧めします(^▽^)/

夏はお口のためにも水分補給が大切!ですが、この時気を付けたいのが水分の取り方です。

スポーツドリンクで水分補給をする方も多いかもしれませんが、以前の記事でもお話したようにスポーツドリンクは口の中が酸性になってしまい、虫歯になりやすくなります…。そのため、スポーツドリンクで水分補給をした場合は酸性になった口の中をお水やお茶を飲んで中和することをお勧めします!(炭酸飲料などの甘いものでも同じです!)

唾液の減少で夏に歯が黄色くなってしまったので白くしたい!歯をコーティングして虫歯予防したい!という方はホワイトニングもおすすめです🦷✨

おすすめの記事