喫煙による歯周病リスクについて

今回は「喫煙が歯周病のリスクを上げる」というお話し。

ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙する人はそうでない人の5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、重症化しやすくなるといいます。

タバコに含まれる一酸化炭素は組織の酸素供給を妨げ、ニコチンは血管を縮ませ体が酸欠、栄養不足状態になります。それによって免疫力もが下がるので病気にかかりやすくなるということですね。

現代は喫煙者の数も減ってきていますが、それでも吸うという方はホワイトニングをしてヤニによる歯の着色を防ぎましょう!

おすすめの記事