スポーツと歯の話し⑰ 松岡修造選手の歯

東京オリンピックが近いということで、歯とスポーツのコラム、今回は第17弾です。
「最近暑いな~」と思ったので、「熱い」と言えばこの人、松岡修造選手のお話しです!

                                                                          「テニス」よりも「燃え盛る炎」のイメージ?

以前イチロー選手が「スマイルオブザイヤー」を過去に受賞したという話をしましたが、この賞を受賞しているスポーツ選手は他にもいて、その中の1人が松岡選手です(ただし、スポーツ選手としては引退後の受賞でしたが…)。

松岡選手は今まで取り上げた選手と違い、子供の頃は甘い物が大好きで歯医者嫌いだったため、虫歯がたくさんあったといいます。ですが当然、大人になってからはちゃんと歯を大切にしていたようです。
松岡さんがCMのキャンペーンで受験生を応援しに行った際、対談した受験生が歯の矯正をしていると分かると「歯の矯正は絶対にした方がいい」と言いました。歯の矯正をすることによって「プレイも良くなった」「ウインブルドンベスト8に入れた」と話しています。

また、現在でも子供達にテニスを教える際には歯の大切さを伝えていると言います。ということで、みなさんも歯を大切にして、暑さには気を付けましょう♪

おすすめの記事