スポーツと歯の話⑪ 「短距離走と歯」

東京オリンピックが近いということで、スポーツと歯の健康についてのコラム、今回は第11弾目です。
先日100m走の日本記録を更新した山縣亮太選手ですが、ツイッターを検索したところ、2015年にこんな書き込みを見つけました。

他の方からの「トレーニング中にマウスピースを付けていますか?付けるとどんな効果がありますか?」という質問に対して、
「歯列矯正なのでトレーニング中もつけています。歯をくいしばる時に、噛み合わせが良い力が出やすいと聞いたことがあります。」と答えています。
日本記録を達成したのは最近のことなので、当時から歯を大事にしてきたということが想像できますね!

ところで、短距離走といえば9個の金メダルを獲得したカール・ルイス選手も、88年のソウルオリンピックの時に大会中に歯の矯正を行い、歯の矯正装置を装着して出場していたそうです。

東京オリンピックでは、選手の歯に注目してみるのもいいかも知れませんね♪

おすすめの記事