スポーツと歯の話⑦ 力士 -RIKISHI-

東京オリンピックに近いという理由で組んでいるコラムですが、今回は開催競技ではありませんが相撲についてのお話しです。

最も歯に衝撃が来るスポーツを調べてもはっきりとは分かりませんでしたが、以前噂で
"相撲が一番ヤバい"
と聞いたことがあります。

幕内力士になると、立ち合いの衝撃が2トン!奥歯にかかる力は100kg!
さらに顔への張り手などもあるので、「歯へのダメージが凄い」ということは容易に想像できますね…。

 

 

また、相撲界には「歯が悪いと三段目以上には出世できない」というジンクスもあり、体の小さい力士は、より力を出すために歯がボロボロになっていることが多いといいます。

 

ところで、モンゴルの遊牧民族は歯を磨かなくても歯周病や虫歯にならないと言われています(都市部では虫歯が増えているらしいですが)。相撲界で活躍するモンゴル人力士が多いのは、こういった強い歯を持っているからかもしれませんね。

おすすめの記事