歯に色が付く食べ物・飲み物の話

歯に色が付く食べ物・飲み物
「コーヒーや紅茶を飲むと歯に色が付きやすい」ということはよく言われますが、他にも歯の色を変えるものはたくさんあります。

まずは「ステイン」という物質についての話から。
「ステイン」という言葉については昔やっていたCMで知った方も多いと思いますが、歯の黄ばみやくすみの事を指します。タンニンやニコチン、カルシウムや金属イオンなどが変化してステインになります。
気を付けなければいけない代表的な物は、コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン・ブルーベリー・カレーライス・醤油・ソース・たばこや色の濃いうがい薬などです。

また、一見薄い色をしているので油断しがちですが、「着色補助食品」という歯が汚れやすくなる飲食物もあります。それは酸性のものの多くで、歯の表面を溶かすのでそこが着色しやすくなります。
代表的なものとしては炭酸飲料全般・アルコール・スポーツドリンク・みかんなどの柑橘系の飲食物・クエン酸・お酢・梅干しなどです。

「酸性のものは歯のエナメル質を溶かす」。すっぱい物が好きな人にとっては衝撃ですよね。
私も疲れを取るためにクエン酸を摂取することがありますが、気を付けなければと思います。
ホワイトニングで歯の着色を防ぎ、食べたいものを食べましょう!

おすすめの記事